ノートパソコンの選び方―一般・ビジネス用途パソコン編 メイン画像

ノートパソコンの選び方―一般・ビジネス用途パソコン編

  • 公開日アイコン

Ad Area

母親にノートパソコンを買ってくれと頼まれた。以前使っていたパソコンが故障してから1年以上が経ち、いい加減しびれを切らしてきたようである。

母のパソコンの使い道といえば、時々ネットで興味のあることを調べるか、ゲーム(スパイダーソリティア)をする程度だったので、パソコンのスペックはさほど求められていない。そんな一般用途(しかも最低限の使い方)とはいえ、後々いろいろなことをしたくなった時のためにもそれなりのスペックがあった方がいい。

ということで条件を考えてみたところ、ビジネス用途にも使えそうなスペックになった。

一般(ほぼビジネス用途)ノートパソコンの条件

  • CPU:Intel Core i3~(第10世代以降)/ Ryzen 5
  • メモリ:8GB程度
  • ストレージ:256GB(SSD)
  • GPU:Intel Iris Xe Graphics相当

OSは Windows 10 、母の希望によりディスプレイは大きめの15.6インチ、という条件で候補を絞った。

BTOパソコン

BTOパソコンはプリインストールのソフトが少ないのと比較的安価なのがよい。Microsoft Officeはカスタマイズで選択可能か、または付属の製品が準備されている。

ドスパラ THIRDWAVE F-14IC メモリ16GB搭載モデル

THIRDWAVE F-14IC(THIRDWAVE F-14IC)9871|パソコン通販のドスパラ【公式】

  • CPU:Intel Core i5-1035G1(第10世代)
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:256GB(SSD)
  • GPU:Intel UHD Graphics(内臓)

メモリが16GBなので、一般・ビジネス向けとしてはかなりサクサク動作することが期待できる。OSはカスタマイズでWindows 10 Pro選択可。オフィスソフトはMicrosoft Officeとの互換性もある KINGSOFT WPS Office 2 が付属、追加料金でMicrosoft Office 2019 Personalに変更可能。

マウスコンピューター mouse B5-R5

mouse B5-R5│パソコン(PC)通販のマウスコンピューター【公式】

  • CPU:AMD Ryzen 5 4500U
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:256GB(SSD)
  • GPU:AMD Radeon(TM) Graphics(内臓)

OSはカスタマイズでWindows 10 Pro選択可。オフィスソフトはKINGSOFT WPS Office 2 / Microsoft Office 2019 Personal / Home and Business /Professional と選択の幅が広いので、様々なビジネス用途にも対応できる。

FRONTIER NLC シリーズ

  • CPU:Intel Corei3-10110U / i5-10210U / i7-10510U
  • メモリ:8GB / 16GB
  • ストレージ:512GB(SSD)
  • GPU:Intel UHD Graphics(内臓)

CPUはCorei3 / i5 / i7 から選べる。価格は税込8万円台から。DVDマルチドライブ付き。Microsoft Officeはカスタマイズで選べれないようである。

海外メーカー

海外メーカーは、BTOパソコン同様プリインストールのソフトが少ない。こちらもMicrosoft Office付属、または追加料金で選ぶことが可能である。

Dell Vostro 15 3000(3500)

  • CPU:Intel Core i5-1135G7(第11世代)
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:256GB(SSD)
  • GPU:Intel Iris Xe Graphics(内臓)

Dell Vostro 15 3000(3500) はメモリ8GBと一般用途いとしては大容量で、SSD容量も258GBと申し分ない。価格も税込9万円以内とお値打ちである。

OSはカスタマイズでWindows 10 Proを選ぶこともでき、Microsoft Officeも Personal/Pro が追加可能なので、ビジネス用途としてもよさそう。

デル株式会社

HP Pavilion 15-eg0000 スタンダードモデル

icon icon

  • CPU:Intel Core i5-1135G7
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:512GB(SSD)
  • GPU:Intel Iris Xe Graphics(内臓)

HP Pavilion 15-eg0000 スタンダードモデル iconは、Dell Vostro 15 3000(3500)より少し上の価格だが、ストレージの容量は倍である。OSはWindows 10 Homeのみ、Microsoft Officeはカスタマイズで Home & Business 2019追加可。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ASUS ZenBook 15 UX534FAC (UX534FAC-A9067T)

icon icon

  • CPU:Intel Core i5-10210U(第10世代)

・メモリ:8GB ・ストレージ:512GB(SSD)

  • GPU:Intel UHD Graphics(内臓)

海外メーカーの中でもAsusは価格高めのような気がする。2021年3月発売と比較的新しい製品。価格は税込11万円台。KINGSOFT WPS Office 付属。

ASUS TUF Gaming A15 FA506IH (FA506IH-R5G1650F)

icon icon

  • CPU:AMD Ryzen 5 4600H
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:512GB(SSD)
  • GPU:GeForce GTX 1650

2020年8月発売の製品。名前に"Gaming"と入っているとおりゲーム向けパソコンである。ゲーミングパソコンなので、ストレージが512GB、GPUがGeForce GTX 1650と、クリエイター向けパソコン並みのハイスペック。サイト閲覧くらいしかしない人にはもったいない気もするが、これだけのスペックで価格はZenBook 15 UX534FACより約1万円違うだけの税込12万円台とお値打ちなので、候補に入れてみるのもよさそう。

Microsoft Office Home & Business 2019 付属。

ASUS 公式オンラインストア「ASUS Store Online」

国内メーカー

大手もしくは大手企業傘下にある会社の製品。クリエイター向けパソコンの項でも書いたとおり、全体的に価格は高めである。大抵のモデルはDVDドライブを搭載している。

Dynabook AZ65/M(2020春Webモデル)

icon icon

  • CPU:Intel Core i7-10510U(第10世代)
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:512GB(SSD)
  • GPU:Intel UHD Graphics(内臓)

CPUは1世代前とはいえCore i7なので性能は高い。2020春モデルOfficeなしモデルで、価格は税抜10万円未満となっている。DVDスーパーマルチドライブ搭載。

Dynabook Direct

VAIO S15 (2019年11月発売モデル)

icon icon

  • CPU:Core i5-9300H(第9世代)
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:500GB(HDD)
  • GPU:Intel UHD Graphics 630(内臓)

2019年11月発売のモデルでCPUは第9世代とやや古めで、ストレージはSSDではなくHDD。ビジネス用途でも複数ソフト起ち上げてバリバリ作業しない限りは大丈夫かと思う。セール価格で税込14万円台になっている。DVDスーパーマルチドライブ付き。

VAIO STORE

NEC LAVIE N1565/AAシリーズ

  • CPU:Intel Core i3-1115G4
  • メモリ:4GB(32GBまで選択可)
  • ストレージ:2565GB(SSD)
  • GPU:Intel Core UHD Graphics(内臓)

カスタマイズで OSは Windows 10 Pro、Microsoft Officeは Personal / Home & Business 選択可。DVDスーパーマルチドライブ付き。価格は税抜15万円台。


自分のパソコンも買い換えていないのに、母のパソコンを買うのはいつになることやら。

Ad Area