Gitの設定とGitHubとの連携 メイン画像

Gitの設定とGitHubとの連携

  • 公開日アイコン

Ad Area

バージョン管理ソフト・Gitのインストールと設定について。今後再インストール・再設定する時に困らないよう、今一度まとめておこうと思う。

Gitのインストール

Git公式からダウンロードしてインストールする方法もあるが、Chocolateyでパッケージ管理をすることにしたので、元々入れていたGitをアンインストールしてからChocolateyから再インストールした。

cmd
chocolatey install -y git

コマンドは、chocolateyを略してchocoとしたり、さらにchocolatey installcinstと短縮もできる。

Gitをアンインストールしても.gitconfigなどのファイルは消去されず、Gitの各種設定も残っている。前インストール時の「GitをGit Bashでのみ管理する」設定も、再インストール後もそのまま引き継いでいた。WindowsのコマンドプロンプトからもGitコマンドが打てるように変更したかったのだが、その方法は分からなかった(しかし、Git Bashのみので操作する場合、Git Bashを一々起ち上げなければならない手間はあるものの、環境変数を汚さずに済むという利点がある)。

Gitの設定

Git Bashを起ち上げてコマンドを打つ。

GitBash
$ git config --global user.name "username"
$ git config --global user.email "user@email.com"

設定を確認する

GitBash
$ git config --list

設定変更

GitBash
$ git config --global user.email "user@email.net"

公開鍵・秘密鍵の作成

鍵を入れるフォルダを作成する。既にフォルダが存在する場合は、そのままディレクトリに移動して鍵作成する。

GitBash
$ mkdir c:\Users\username\.ssh
$ cd ~/.ssh
$ ssh-keygen -t rsa

オプション付き

GitBash
$ ssh-keygen -t rsa -b 4096 -C "user@email.com"

-b は生成される鍵のバイト数、 -Cはコメントを表す。鍵を複数持つときなどに、どのメールアドレスで登録したかとかどこのサービスの鍵かなど判別できる情報があると分かりやすいかも。

GitBash
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/Users/(username)/.ssh/id_rsa):
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:

既に鍵が存在する場合は、ファイルが上書きされる。もし、別のファイル名で保存したい場合は、Enter file in which to save the keyのところでで任意のファイル名を指定する。

「パスフレーズ」を入れるように促してくるが、そのままEnterすればよい。

id_rsaid_rsa.pubの2つが.sshフォルダ内に作成される。

GitHubでSSHの設定をする

GitHubのSSH and GPG keysのページからSSHの設定をする。上部の"New SSH Key"から設定画面に入り、

この画面でTitleとKeyを登録する。Titleは任意、Keyは先程作成したid_rsa.pubファイルの中身を貼り付ける。テキストエディタで開いて、

ssh-rsa
~英数文字列~
comment

すべてをコピーして貼り付ける。

もしくは、鍵の中身をクリップボードにコピーして貼り付ける。

GitBash
$ clip < ~/.ssh/id_rsa.pub

"Add SSH Key"ボタンで登録。

参考ページ

Ad Area