【CSS】iPhone特有の(と思われる)挙動について

Web関連情報・技術

当サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

iPhoneにはiPhone特有のバグがあるとよく言われる、バグとまでは言えないかもしれないが、iPhoneで特有の挙動と思われるものがあったので、その現象と対処法についてまとめた。

Flexboxのorderで並び替えをしたときのz-index

<ul class="list">
    <li class="item">
        <div class="item__textWrap">
            <h3 class="item__title">タイトルが入ります</h3>
            <p class="item__desc">説明が入ります</p>
        </div>
        <div class="item__imageWrap">
            <img src="sample.jpg" alt="サンプル画像" width="501" height="334">
        </div>
    </li>
    <li class="item">
       ...
</ul>
.list {
    display: flex;
}
.item {
    display: flex;
    flex-direction: column;
}
.item__imageWrap {
    order: -1;
    width: 90%;
}
.item__textWrap {
    position: relative;
    top: -3rem;
    width: 80%;
    margin-inline-start: auto;
}

上のようなテキストと画像の入ったリストがある。テキストより画像を先に表示するために、.item__imageWraporder: -1を付与して先頭に来るよう操作した。

基本、z-indexを指定しない要素は、htmlに出現する順で重なり、orderで並び替えられるとorderの順番で重なる。パソコンとAndroid(および開発者モード)ではその通りの挙動になった。

しかし、iPhone実機の挙動は違った。

iPhoneと他デバイスでの重なり順の違い

cssのorder順の重なりではなくhtmlどおりの重なり順、しかも、.item__textWrap要素はposition: relativeを指定したことで他の要素よりも重なり順が上になるはずなのに、.item__imageWrapの方が上になるのだ。

対処法

.list {
    z-index: 0;
}
.item__textWrap {
    z-index: 1;
}

単純にz-indexで重なり順を指定した。iPhoneのために記述を増やしたくはないが、仕方がない。今後orderで並び順の変更がある場合には気を付けたい。

Suzunatsu

このブログについて

コーディングやWeb関連技術の記事と、買い物など日々のメモから成り立っています。 →少しだけ詳しく

この記事がお役に立ちましたら、サポートをお願いします。

広告