Nuxt.jsでブログやサイトを作成する方法

Web関連情報・技術

当サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

この記事は最終更新日から 3 年以上が経過しており、内容が古くなっている可能性があります。

Nuxt.js でブログやサイトを作成する場合、主に2つの方法が考えられる。

APIベースのCMSを利用する

外部サービスでコンテンツを管理する方法である。主なものとして、

が挙げられる。

メリット

  • CMS 管理画面からコンテンツの編集ができる。Web 知識のない人でも更新作業が可能な仕組みが作れる。
  • ローカルに記事ファイルを持たないため、ローカルフォルダがすっきり保てる。

デメリット

  • CMS 管理画面で管理できる仕組みを作るのが難しい(API などの知識が必要)。

nuxt/content モジュールを利用する

Nuxt.js に nuxt/content モジュールをインストールするだけで利用ができる(※ver.2.14.x からは、インストール時の質問でパッケージ導入を尋ねられる)。

メリット

  • 全記事をローカルフォルダに持てる
  • 学習コスト少なめで、ブログに必要な機能が一通り実現できる。 GitHub の公式のスターター参照

デメリット

  • Web サイト上に管理画面がないため、コンテンツの更新作業は Git 管理下で行うことになる。技術者以外の人にはかなりハードルが高い。
  • ローカルでファイルを持つので、10 ~ 20 記事で済むならともかく 100 記事くらいに増えてくると管理が煩雑になってくる。

よって、技術者以外の人も更新に関わる場合やローカルでのファイル管理が面倒な人、Vue.js や Nuxt.js・API の知識がある人は前者、個人作業で完結する場合や知識がまだ浅い人、ファイルをはローカルで管理したい人は後者という風に、状況に応じて使い分けるのがよさそうである。

Suzunatsu

このブログについて

コーディングやWeb関連技術の記事と、買い物など日々のメモから成り立っています。 →少しだけ詳しく

この記事がお役に立ちましたら、サポートをお願いします。

広告